2017年09月12日

なんだったんだろうか…

昨晩の話です…

そして、この話は長いです… すいません!!(^^;;

風邪気味だったせいもあり、咳と喉が痛いのもありましたが、夕方頃より、なんだか胸も痛いなぁ…なんて感じがしていました。

ただ、月曜日は9時まで診療なので、胸の違和感を感じるものの、いつものように慌ただしく治療を…

そんななか、7時半頃に一人の患者さんの治療が終わり、次の患者さんをお通ししている最中、突然、呼吸が苦しくなりました。

『な、なんか、息ができない… こ、呼吸しにくい… 』

なんだか突然起きたこの状況に自分でも把握できぬまま、椅子にかけ、必死に息を整えるよう努力しました。

痛かった胸は右側だったので、心臓があるわけでないのに鼓動を打ってる感じに痛苦しく、とにかく息苦しい…

当然、初めて起きたこの事態に自分でもどうして良いか分からなく、

『救急に行くべきか… それともあと1時間診療だけはして様子みるか…』

そんなことを考えているうちに息苦しい感じが増してきて…

『もう、これはこの後の患者さんにはスタッフに連絡してもらい予約の変更してもらって救急に行こう!』

と決断を下しました。 ただ…

『これは救急車を呼ぶレベルなのか?自分で救急に行った方がいいのか?』

という疑問が次にわいてきまして…

そんなパニック状態のなか、ふと頭に出てきたのが…

『そうだっ!中島先生に聞こう!!』

と、意識がもうろう気味のなか、電話をかけ症状を伝えていました。

そして、タクシーを呼んで戸田中央病院の救急に行こうとしていたら、中島先生がサクラ歯科に駆けつけて下しましたっ!!

お友達のようにお付き合いさせて頂いてるものの、雲の上の大大先輩の先生がいらしたことに申し訳ない気持ちもありましたが、一人で救急に行くつもりで不安だっただけに、先生がいらした瞬間に『神がきた!』状態でもうろうとしていた中でも少し気持ちが落ち着きました。

ホント、人との縁にも感謝しないといけないと改めて感じました。

中島先生がいらしてくださったのは、おいらが伝えていた症状で、最初は、肺梗塞を疑い、命に関わることになるのではと飛んできてくださったようでした。

次に気胸(太り気味な体型のおいらには起こりにくいのになんで?と思ってはいたようです…(^^;;)、肋骨骨折が疑われたので、外科の先生が豊富にいると思われる戸田中央病院を選択してくださったようです。

さて、そんななか、おいらの症状なんですが、救急外来に着いてベッドに横になった頃には胸の痛みはあるものの、先ほどの息ができないっ!という感じは少し治り、少しだけ楽にはなりました。

image

この時点で、酸素飽和度、心電図など異常なしで肺動脈血栓塞栓症でなく、生命にかかわる重篤な状態でないという安心感もあったからでしょうか…

有難いような申し訳ないような?!なぜか家族のように付き添ってくださってくださった中島先生も安心されたのか、おいらの写真を…(笑)

image

まだ、痛みと呼吸の苦しさはあったので、レントゲンを撮り、気胸かどうかの確認となりました。

ただ、レントゲン画像では診断できず、CTも撮影…

正直なところ、先週の木曜日には人間ドッグで『綺麗な肺ですね!』と言われてたばかりなので、なんだかなぁ…な気分で待合室で診断結果を待っていました。

image

『救急で行って検査を受けてるわけだから、すぐにデータが出てくるわけだし、なかなか診断結果のお呼びがかからないところをみると異常ないからなんだろうなぁ…』

と、待合室でも絶えず隣で家族のように付き添ってくださった中島先生がボソリと…

image

CT撮影後くらいから、また少し呼吸は楽になり、むしろ時折見せる中島先生のお茶目な様子に笑わされ、胸が痛くなる感じに…

『笑って痛いということは、肋骨骨折か?気胸だと入院の可能性もあるし、骨折かヒビがいいな!』などと呑気な気持ちにもなれてきました。

そして、ようやく呼ばれ、内科の先生より診断結果が…

内科の先生という時点で手術的な要素はないなと少し安心して聞きはじめてはいましたが、結論から言ってしまうと、『内科的に原因が分かりません!』とのこと。

『えっ?骨折とかヒビではないの?』と思いながら聞いていましたが、CT画像を何度確認しても異常なし…

これまた後ろで家族の人かのように付き添って中島先生も画像を一緒に診てくださってましたが、大丈夫そうとのこと。

内科的に原因がないので、呼吸も落ち着いてきてもいるようなので、筋肉等の疾患が考えられるので明日に整形外科に行かれ検査されるのがよいかとの結果でした。

結局、診断つけるとすれば肋間筋断裂といったところなのかなぁ… と中島先生にも言われ、とりあえずのところ異常がでてこなかったので、『あの苦しかったのはなに?』と疑問ではありましたが帰宅。

帰って妻には『あんたの不摂生な生活が身体にストレスをかけてるの!少しは考えなさい!』と叱られ、とにかく反省し休みました。

image

そして、今朝一番に沖永整形外科に行き、昨晩のいろいろを報告、そして、レントゲンを診て頂き『ティーチェ病』と診断されました。

image

[若い成人女性に多い]というところが気になりますが、多いというだけで中年男性に出たところでおかしくはないからと…(笑)

湿布と痛み止めを服用して胸の痛みはおさまり、本日は朝から昨晩ご迷惑おかけした患者さんも含めノンストップで診療させて頂きました。

いろいろと落ち着きましたが、心の隅には『あの呼吸できない息苦しさはなんだったんだろう?』が残りますが、やっぱり、ストレスとか心因的な要素が多く働いていたのでしょうか?

疑問は残りますが、とりあえず生きていることに感謝!

image

そして、何よりもすぐに飛んできてくださった人の絆に心より感謝!!

そして、昨晩の予約を変更いただいた患者さんにも本日に変更いただきご迷惑おかけしました。

そして、そして! 体調悪くなってからの医院のあれこれをしっかり対応してくれたスタッフにも感謝!

いろいろな方にご心配をおかけし申し訳ありませんでした。

明日・明後日は少しゆっくり休み、週末には完全復活できるよう頑張ります!!

そんなわけで、いろいろな人に支えられて生きていることを再認識した昨晩の事件でありました。

まとまりのない長文にお付き合い頂き、ありがとうございました!!(^^;;



todasakura at 15:09│Comments(0)独り言 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔