2016年07月06日

噛むことの大切さ

今日の午前中は学校歯科医をしている笹目東小学校にて学校保健指導をっ!

image


image

今年も四年生を対象に『噛むことの大切さ』を教えてあげられればと思います。

image

現代人の食事は加工食品が多く、とにかく柔らかい食べ物ばかりっ!>_<

なので、食事時間や咀嚼回数も戦前の人々に比べ、半分以下というのが現状です。

その結果、現代の子どもたちは顎の発育も遅く、永久歯への生えかわりも昔と比べ遅くなってきています。


厚生労働省でも、『一口で30回は噛みましょう!』と言ってはいますが、なにかと忙しい現代人は時間をとる余裕もないようでして…(^^;;

噛むことによって、身体にとっても良いことはいっぱい!

image


image

そんなことを子どもたちに伝えつつ、実際に柔らかい食パンと硬いフランスパンを食べてもらいながら授業が出来ればと思います!^_−☆

todasakura at 06:27│Comments(0)TrackBack(0)歯医者の話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔