2014年02月18日

う蝕予防事業

今夜は『小児う蝕予防対策事業の説明会』に蕨戸田歯科医師会学校歯科部として出席してきました。

3da12300.jpg

県から委託された事業で、小児う蝕の県内格差是正のためにフッ化物洗口を普及するのが目的。

9bae7ae7.jpg

幼稚園、小学校などで、集団でフッ化物洗口することで県内の子どものう蝕罹患率の低下を目的とします。

フッ化物洗口による虫歯予防は過去のデータからも様々なエビデンスもとれているので効果はお墨付きっ!

今回は、県からの補助も出るので、あとは学校歯科医がどのようにアプローチしていくかが課題です。

サクラ歯科でも当然、フッ素塗布やフッ化物洗口を薦めてますが、あくまでも患者さんにしか広まりません。

こうした学校での集団へのアプローチは歯科医院へ行かれていない児童へも予防が浸透します。

なので、本当は可能な限り実施出来ればなのでしょうが、多くの人へアプローチするので賛否両論も…

昨日の話ではありませが、学校もPTAや保護者、教員など学校関係者を含め、いろいろな考えがあります。

いろいろな意見も出てくるのでしょうが、せっかくの良い事業!校医としても前向きにいきたいかなとっ!

そんなわけで、まずは自分の担当校の保健関係者から少しずつ理解してもらえるよう頑張りたいと思います。


todasakura at 23:40│Comments(0)TrackBack(0) 歯医者の話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔