2011年02月19日

成長

一昨日に行った、戸田市の1歳8ヶ月検診。

8663dfbc.jpg

1歳8ヶ月ということもあって、ほとんどの子が泣いている状態でしたね。

でも、そう考えると我が家も、もうすぐ8ヶ月になる息子がいるわけで、1年後にはこの状態になるわけです。

きっと、1年なんかあっという間で、なんだか、他人事ではないですよね。

1歳8ヶ月検診の問診票には、いろいろな項目があります。

8ff1e428.jpg

一日の食事や就寝時間、歯ブラシなど、生活の流れに始まり、授乳や指しゃぶりの有無。

de2136e9.jpg

この時期は食事の後に歯ブラシはよしとして、お茶やお水などを飲んで薄めることが重要だったりします。

また、授乳は母乳が虫歯になるリスクも高くなるので、そろそろ卒乳ができるといいですよね。

そして、皆さんもご存知と思いますが、指しゃぶりは前歯の歯並びに影響するので気をつけたいところです。

そんなところが、歯医者さん的に1歳8ヶ月の頃に考えたいところでしょうか。

あとは、どれくらい意味のある言葉を言えるか、など知能の発達なんかも小児科の先生がチェックしてくれます。

a0bc28c9.jpg

記入されていた問診票を見ていたのですが、多かったのは、やっぱり、“ママ”“パパ”“ババ”。

続いて、“ワンワン”“アンパンマン”“シマジロウ”など。

そして、“ちょうだい”“おいしい”“なに?”とか。なかには“これいらない”なんて子もいました。

この時期は、いろいろなことに興味を持って吸収していきますからねぇ。下手な言葉は言えないですよね。

そんなことを問診票を見ながら思い、ふと思ったことが・・・

来年、もし、この問診票に書かれている言葉が、“ママ”“プースカ”“シマジロウ”だったらどうしよう・・・

9e33bdc5.jpg

育児に参加出来るのは、プースカの散歩から帰った朝の時間とたまにの休日と超少なめ。

なんとしても、“パパ”という言葉も覚えさせたいおいらであります。

ということで・・・  イクメン! 頑張るぞー!!

そんなわけで、ちょっと歯医者らしいことを書いてて“おっ?”って感じでしたが、オチはこんな話でありました。

チャン チャン


todasakura at 21:03│Comments(2)TrackBack(0) 歯医者の話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by でんこ   2011年02月21日 14:49
「サクラ歯科」も協力病院の1つだったんですね〜。一度も当たった事が無くて残念
 うちも言葉の語彙の中に「ケンタ(犬)」を入れましたよ。あれ、3つ以上書かないと別室送りにされるから、少々恥ずかしくても入れないとメンドクサイことになるのです
2. Posted by サクラ(管理人)   2011年02月27日 16:06
でんこさん
検診は今年から担当させて頂いてます。
でも、確かに別室送りはイヤですもんねぇ・・・
皆さん、親も作戦を考えてらっしゃるんですねぇ
一年後の参考にさせて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔