2009年10月29日

ある意味、ハロウィン ^ロ^;

今日も昨日に続き、専門学校の講義

専門学校の講義は若い学生さんばかりなので自分知らない世界も多く楽しみでもあります

今日も学生さんがおいらの興味をそそるものを持ってまして・・・

ギャルなズラ

この様子、一見、普通に帽子を被っているだけに見えますが、実はクリクリなヘアピースを着けてます

なので、実は普通の女の子が、一見、ギャル風に変身できてしまいます

『ほぉ〜、すごいなぁ〜』 と眺めていたら、その学生さんが一言、『先生、着けてみる?』と

マジ?と思いながらも半分、着けてみたい気持ちも・・・

でも、ちょっと恥ずかしかったので、とりあえず先週から登場のアーサーくんに装着してみた

ギャルなズラ アーサー

ちょっと、怪しげですが、それなりに着けこなすアーサー さすがであります

これを見て、『これは週末のハロウィンに使えるのでは?』とおかしな誘惑にかられたおいら

学生さんの後押しもあって結局、このギャルなヘアピース、装着しちまいました しかも、ノリノリで・・・

ギャルなズラ

しかし、ノリノリで着けてみたものの案の定、気持ち悪い単なるオカマのオッサンに・・・

一応、何枚か写真を撮ってもらったのですが、その一枚を見て思ったこと

ギャルなズラ

どう見ても、この姿、“ムッシュ かまやつ”にしか見えない・・・

ある意味、ハロウィンだろうけど、これじゃ、間違いなく子供達は怖いだろうしなぁ・・・

いけるかなぁと思ったけど、何か探さないとであります

そんなわけで、ちょっと、残念な“ムッシュかまやつ”なおいらでありました


todasakura at 19:05│Comments(2)TrackBack(0)独り言 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 今田 遥   2009年11月21日 01:45
拝 啓  
 貴方様に関連しているハロウィンについて送信させていただきました。是非、ご一読 賜りたくお願い申し上げます。
 ハロウィンは魔女が関係するキリスト教の祭り(特定宗教の宗教行事)です。
 キリスト教には「(キリスト教の)神の義によって、人を誅しても良い」との教義があり、多くの悲惨な戦争の原因になってまいりました。
 また、キリスト教には魔女事件がございます。
 この事件は「魔女は生かしておいてはならない」というキリスト教の教義から来ており、多くの罪のない方達が長い年月において苦しめられて来た悲惨な事件です。可哀想な方々が何百万と居られます。
 殺され方も火あぶりです。それも乾いた木でなく生の木で焼く陰湿なやり方です。
 ハロウィンにはこの様な悲惨な可哀想な事情が多々あります。
 貴方様の深いご理解を賜りたいと思います。           岩波新書「魔女狩り」より
2. Posted by サクラ(管理人)   2009年11月21日 19:05
今田 遥さん
ためになるお話有り難うございます。私はキリスト教ではないので、こういうことがあったということは、知りませんでした。おそらく、世の中の多くの人が、こうした事実は知らず、ハロウィンというイベントを楽しんでいると思います。現代では、考えられない話でありますが、こうした歴史があったという勉強になりました。有り難うございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔